投稿日:2023年9月19日

溶接工事は鉄骨製造に必須の工事?

昭和産業株式会社です、こんにちは。
弊社は兵庫県高砂市に拠点を構え、姫路市など県内一円で鉄骨製造業と鉄骨工事業を行っております。
今回は、鉄骨製造に欠かせない溶接工事について、その定義や種類、必要性などをご紹介します。

そもそも溶接工事とは

赤い鉄骨
溶接工事とは、加工したい鉄骨や鉄材などに熱や圧力を加えることで、つなぎ合わせ一体化させる作業です。
金属の溶け始める温度は非常に高く、私たちが良く聞く鉄や銅といった素材も1000度以上の高温にしなければ溶けません。
そのため、狭い部分を集中して高温にまで加熱できる方法が必要となります。
またコストの面から見て、溶接作業を行う際は、なるべく少ないエネルギーで効率的に金属を溶かさなければなりません。

鉄骨製造に溶接工事は必須?

鉄骨製造において、溶接工事は必須の工程です。
鉄骨は建物の構造を支える重要な部材であり、その強度や安全性は高い水準が求められます。
溶接工事によって、鉄骨同士をシームレスに接合できます。
これにより、鉄骨の気密性が高まり、水漏れ・錆びといったリスクを低減し、外部からの衝撃や重さにも耐えられるようになるのです。
また、溶接工事は自由度が高く、複雑な形状の加工にも適しています。
建物のデザインや用途に応じて、曲線や角度をつけたり、穴を開けたりすることが可能です。
さらに、溶接工事は作業工程が少なく、ボルトやネジなどの部品が不要なので、軽量化やコスト削減にも貢献できるでしょう。

溶接工事を行う際のポイント

溶接工事を行う際には、以下のポイントに注意しましょう。

溶接方法の選択

溶接方法には様々な種類がありますが、それぞれ得手不得手があります。
例えば、アーク溶接は幅広いものの加工に対応できますが、加工の際は欠陥や材質変化のリスクがあります。
加工する対象物の種類や厚み、形状などを考慮して最適な方法を選びましょう。

溶接環境の整備

溶接工事は火気を扱うため、火災や感電などの危険が伴います。
溶接作業を行う場所は、可燃物や水分がなく、通風や消火設備が整っていることが必要です。
また、溶接機やケーブルなどの機器は定期的に点検や保守を行い、故障や漏電の防止に努めましょう。

現在新たな製造スタッフを募集中です!

リクルート
弊社では、鉄骨製造業に携わる新たな工場スタッフを求人募集中です!
溶接工事に興味がある方や、既に溶接に関する資格をお持ちの方は是非ご応募ください。
高砂市内での製造業の求人をお探しの方は、一度採用情報ページをご覧ください。
皆様からのご応募をお待ちしております。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

昭和産業株式会社
〒676-0822  兵庫県高砂市阿弥陀町魚橋937
TEL:079-448-2481 FAX:079-447-6033

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

業務内容のご紹介!

業務内容のご紹介!

こんにちは!兵庫県高砂市の昭和産業株式会社です。 弊社は兵庫県内を対応エリアとし、各種建築物を建てる …

【求人中】工場内スタッフとして活躍したいなら昭和産業株式会社へ!

【求人中】工場内スタッフとして活躍したい…

昭和産業株式会社は、兵庫県高砂市を拠点に県内一円で、製造業や鉄骨工事業をメインに活動している企業です …

【求人募集】応募に必要なのは、あなたのやる気だけ!

【求人募集】応募に必要なのは、あなたのや…

昭和産業株式会社では、兵庫県高砂市を中心とした活動エリアで製造業の求人を募集しています。 未経験者か …